OnlineRace Gtr Evolution ハンコン バイク BMW E38 メンテナンス等の情報を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の中のオートバイ Episode 04 CB400FOUR

その後RD250を手放し、TY175も競技専用となり公道を走れるバイクが無くなった・・・・
 その時、当時では斬新なデザインのバイクが目に止まり中古車でしたが購入したのです。
その斬新な奴とは、こいつ ホンダ CB400FOUR
2009y06m05d_223131956.png
市販車初の4into1集合マフラーを採用、カフェレーサースタイルの並列4気筒、408cc

デザイン以外は特にこれと言った特徴は無いが、静かでマイルドな乗り味、丁度その頃グループでのツーリングの機会が増えていた事も有り、このバイクもツーリング用として近郊あちこちへと足を延ばしたのでした。

ツーリングに嵌っていた時期でもあり、ドキドキ感は一先ず置いて、もう少し楽な次期バイクを探し始めたのですが・・・発売されたばかりの あいつ に乗りかえる事となりました。

あいつとは・・・・・スズキ GS750
2009y06m05d_223839472.png
スズキ初の4サイクル、最大出力は68ps/8500rpm
回転は10000rp近くまでストレス無く回り、操縦性も素直でハイスピード・コーナーも不安を感じさせないバイクでした。

ツーリングには、うってつけのバイクで是でも数多くのツーリングに参加しました、ただタンデムで走ると一寸した道路のうねりでリア・サスが底突きする事は結構ありましたね。
初の750cc経験でそのパワーに驚きましたが、ドキドキ感は・・あまり感じなかったのです。

当時の心境ははっきり覚えてませんが、次期バイクもスズキとなりました。
 同じく スズキ GSX750E
2009y06m05d_223911199.png
これもツーリング用に買ったのですが、デザイン優先なのか、ガソリンタンクの容量が18Lと少なく、後日マイナー・チェンジで出た24Lタンクに交換したのでした。

走りはと言うと、平均的な750ccであり、
足回りは友人のCB750F
2009y06m07d_173747014.png
と比べると、かなり柔らかくツーリングバイクとしては十分な性能でした、久々に弄り心が出て来て、ボア・アップ(ヨシムラの815ccだったかと、記憶が定かでは^^;)したのです。

ボーリング・ピストン交換・キャブレターセッティング・・・ピストン・クリアランスが多めで側打音は出ますが、パワーは比べ物にならず、低回転からもトルク任せで、グングン車速が上がる、面白いバイクになったのです。

ツーリングの出先の高速ワインディングでRZ250等に乗っていた若い連中に乗らせた処、戻ってくるなり ”お~~すごい!怖いくらいのパワーが有るね、でもコーナリングは・・・違う意味で怖い”
解ってるよ、だから無理しないんだ、ツーリングバイクだからね・・足回りはドノーマルでした(汗

次回 ついにドキドキ感を感じたバイクに出会うのでした。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。