OnlineRace Gtr Evolution ハンコン バイク BMW E38 メンテナンス等の情報を紹介します

エアコン ブロア・モーター&ブロア・レジスター交換  BMW E38 Vol 6

朝一や気温の低い時は正常に作動するが、暑い時に一旦エアコンを切ると次から風が出ないという・・

この時期には致命的なので、該当部品を交換する事にしました。
一般的には、エアコンの風が全く出ない時はブロア・モーター不良 風量コントロールが出来ない時はブロア・レジスター不良 と言う判断ですが、この車の症状では冷えている時は正常にコントロールできるのでレジスターが熱を持つと再始動時にモーターへ電圧がかからない(レジスターの壊れ始めですね)

完全に壊れる前にブロア・レジスターとブロア・モーターを交換するべく部品を調べました・・・・
結構な値段がしますね~
 新品で
  ブロア・モーター =$400  ブロア・レジスター =$390
国内で流通している値段は、もう少し高そうですね。

予算の都合で中古部品を探して入手↓
DSC01560.jpg
モーターが壊れる事は殆ど無いのですが入手したモータのブラシがたっぷり残っていたのでモーター&レジスター同時交換になりました。
まずステアリングを一番手前&低い位置にしておいて、バッテリーのマイナスターミナルを外しておきます。
この作業は初めてですので、手順はベストでは有りませんが、慎重に作業開始です。

左のグローブBOX(右ハンドルです)を開けて上面のビス3本を緩め、その上のウレタン・パネル&ウッド・パネルを外します↓
DSC01543.jpg
ウッド・パネルは、この様な樹脂製のパーツで裏から締め付けてあります↓
DSC01544.jpg
スピード・メーターの左右↓のパネルも取り外します↓
DSC01545.jpg
これは右側です↓
DSC01549.jpg
次にメーター取り外しです メーター上部の2本のビスを外し、メーター本体を手前に引き出します↓
DSC01546.jpg
2009y08m02d_003118582.jpg
エア・バッグの取り外し↓
DSC01554.jpg
エア・バッグ本体の左右に有る4本のナットを外しその下のブラケットも外します、同時に左に有るエア・バッグの配線も外します↓
DSC01557.jpg
次にダッシュ・ボードを手前斜め上方向に引き出します。
ダッシュボードを外す時には、オーディオ付近やハンドル付近を養生して、傷等付かないように注意します。
外れたのがコレ↓
2009y08m02d_003249801.jpg
ここまで来ればもう一息ですが・・慎重に作業
2015.8.15追記
中央でキラリと光るクリップで手前のロッドが接合されています。
DSC01562.jpg
ダクトを外しますが、ドイツ車の樹脂パーツは結構脆いので無理は出来ません。
この下に有るのが目的のコレ↓
DSC01564.jpg
↑写真ではブロア・モーターのカバーは外した後ですがカバー手前にロッドが2本あります、写真に見えるのと、もう一本細いのが・・・これを外す時は慎重に・・・折れると厄介ですので。
2015.8.15追記
2本のロッド左右両端で取り付けられてあり、どちらか作業しやすいほうを外して中央で分離すればモーターは外せます。
写真では1本だけ左右を付けたまま中央で分離しました(左右が狭く、作業スペースが取れず強引な作業となりました。)
樹脂ロッドが折れる可能性もあり、時間をかけてでも左右どちらかを外した上で中央を分離するのが正しいやり方です。

外した部品です右が外した物↓
DSC01566.jpg
此処まで写真を撮りながら、2時間ほどかかりました、丁度昼になったので一寸休憩です。
作業中気付いた事は、この車 以前にも同じような作業をした形跡が有りました、Aピラーの鉄板にダッシュ・ボード取り付け時に付いたと思われる傷が・・・
また、各部に使われているビス類の種類がバラバラ・・(分解時にきちんと分類しておこうよね)
組んでしまえば見えない所でも、元通り確実に組むのがプロと言うものですね。

さて ボヤキながらのコーヒータイムも終わり組み立てです・・
 分解時の1.5倍ほど時間は掛かりましたが、予想していたよりは早く終わりました(初めてなので今日中に終わるかな~と思っていたが)

作動確認・・正常作動(温まった状態で再始動しても問題なし)
 では有るが、交換した部品が中古品なので いつまでもつかは誰にも解りません(笑
 自分の車だから出来る賭けですね(汗

これを見て自分で交換しようと思った方へ、レジスターはOEMで20kも出せば新品が手に入りますので新品・推奨です。
自己責任でチャレンジするのもいい経験になるでしょうね。

追記
 レジスター劣化の原因としては
  本体の経年による(主に熱)劣化とマイクロ・フィルター詰まり等による早期の(冷却不良)劣化が考えられるでしょう。

スポンサーサイト
コメント
こんにちは。
参考になります。
さて、
ブロアモーターカバーの前にアームが2本ありますが、これはどのようにはずずのでしょうか。
2015/08/15(土) 17:44 | URL | 風にまかせて #-[ 編集]
コメント有難う御座います
かなり前の作業でも有り、ロッド両端の画像もありませんが思い出してみました。
1本は端のクリップを外したのですが、写真の1本は少々強引に中央で分離しました。
ロッドには無理がかかります
記事の方にも 追記として書き込みました
自分の車だからこそ出来る”無理”ですね。
2015/08/15(土) 19:14 | URL | rindad #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する