OnlineRace Gtr Evolution ハンコン バイク BMW E38 メンテナンス等の情報を紹介します

エンジン・ヘッドカバーオイル漏れ   BMW E38  Vol 10

以前、エンジンの下廻りをチェックした時に確認してあったオイル漏れ!!
休日を利用して修理する事にしました。

今回再確認すると、漏れはヘッドカバーG/Kからで、右バンクは全く漏れは無く左バンクが漏れていました。
時間に制約が有ったので、取りあえず左側だけ修理です・・・右は後日^^;。
まず最初に、バッテリーのマイナス端子を外しておきます(この種の作業では、お約束と言う事で
エンジン上のカバーを外していきます↓
2009-11-07 0012009-11-07 003
このエンジンを扱うのは全く初めてでしたので、慎重に作業を進めます。
この段階で↓
2009-11-07 004
↑上部配線BOXの蓋を外すか迷ったのですが、結果的には外して正解でした。
ここでイグニッション・コイルの配線コネクターを抜き、コイル取り付けナットを外しコイルを外します。

次に↓ヘッドカバーに付いている、バッテリー・プラスターミナルを外します、配線BOXを開けた理由は
後の画像で^^;
2009-11-07 007
ターミナルを外したところで、この様にプラスチック又はゴム・ハンマーでカバーにショックを与えて密着面を浮かせます↓。
2009-11-07 009

カバーの密着面が浮いたら、この様にコイルへの配線を先程外しておいた配線BOXへ入れておきます。
配線BOXの蓋を外さなくても、カバーは外れますが、付ける時に邪魔になるでしょう。

2009-11-07 010
ヘッド内部は、この様な状態でオイル焼けは有りますが、過去のオイル管理は、そう悪くは無かったように思います(この車両は中古で購入)
2009-11-07 0112009-11-07 014

プラグ側への漏れの確認!
一番奥側のプラグ・ホールには、プラグのナット部分までオイルが溜まっていました。

2009-11-07 013
アルコール系のクリーナーで洗浄しておきます。

2009-11-07 017
洗浄にかかる前に、これを↓
2009-11-05 001
カバーへ、シール材を使い密着させておきます。

2009-11-07 016

右に見える半月状の突起・・・これがカバー取り付け時にカムシャフト上のボルトと干渉して、少々カバー取り付けに苦労しますが、慎重に作業。

取り付け完了^^; ↓
2009-11-07 018
カバーが、シール材で汚れていますが…取り付けは少々手間取った(汗

取り付けボルトのシーリング・ワッシャも交換して↓
2009-11-05 004
カバー取り付けナットを締めつけて、完成です。

ついでに、これもオイル漏れが有ったパワー・ステアリングのオイルタンクキャップ オーリングも交換です。
2009-11-05 007
2009-11-05 003
これで今回の作業は終了ですが、時間を作って、漏れの無い右側も交換する予定です。

使った部品は
 バルブ・カバーG/K       ¥3,700*2
 シーリング・ワッシャー     ¥126*22
 タンク・キャップ・オーリング  ¥420
でした
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する