OnlineRace Gtr Evolution ハンコン バイク BMW E38 メンテナンス等の情報を紹介します

樹脂製ヘッドライトを磨いてみた  BMW E38 (番外編)

現行の車のヘッドランプレンズは殆ど樹脂製なんですね、コストや重量、衝突時の安全性など考えてのことなのでしょうが
一つ問題が!。

熱や紫外線などによる、コーティングの変色!ひどくなるとコーティングが剥離してあばたのようになり、見た目だけでなく、光量や光軸にも影響してきます。

E-38はガラスレンズなので関係ないな~と思ってる所へ、こんなのが。

P1000098.jpg
中古展示用に(中古車店では有りませんが)持ち込まれた 3代目マーチ・オーテックの・・目が曇ってるな!

磨きは専門外ですが、曇りのない目にしたいと思います。

まずマスキングをして

P1000105.jpg

2段階の耐水ペーパーでの水研ぎ、1回目では焼けたコーティングを剥がします。

P1000106.jpg

耐水ペーパの番手を変更しながら2回目では全体を均等に研いでいきます。

P1000107.jpg

このような、すりガラス状になれば水研ぎは終了です。

P1000108.jpg

あとは粗さの違うコンパウンドを使い2段階の磨きで

P1000109.jpg

P1000110.jpg

終了ですが、反対側は1段目の水研ぎを少し深めにして、より一層の仕上げを試してみました。
上の写真は最終仕上げ前です。

これが反対側のレンズの水研ぎ後

P1000112.jpg

仕上げ後のレンズ

P1000113.jpg

1メーター離れれば気にならない程度には仕上がったと思います。

P1000115.jpg

このあとカーショップなどに売っている樹脂用コーティングを塗るか、マメにワックスを掛けるか色々試すのも面白いと思います。

自己責任で磨いてみるのも、面白いかも! です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する